もしかして子宮筋腫が出来ていたらどうしようか

毎日の腹痛が治らず2ヶ月が経過してしまいました。
病院にずっと通っているのに原因が謎のままです。
この前婦人科に行って来たのですが、聞きたいことを聞くことを忘れてしまいました。
一つは卵巣が他の臓器に癒着してしまってないかということ、もう一つは子宮筋腫がないのかどうかということです。
チョコレートのう胞の検査をしているのでもし子宮筋腫があるならば分かると思うのですが、今まで子宮筋腫があるとは言われたことは一度もありません。
私としては子宮筋腫も疑い始めてしまいました。
なっている場合は生理の出血量が増えるらしいのですが、私の場合薬で生理を止めているのでそれで確認することは出来ません。
けどいつまで経ってもなくならないお腹の張り、そして子宮筋腫の特徴なのかは分からないのですが、左腹部を触るとお腹の中がなんだかザラザラするのです。
ザラザラというかでこぼこというか、この触感は一体何?と思って不安になってしまいます。
手術は麻酔が怖いのでしたくありません。

(武井咲『黒革の手帖』制作費が足りない!? 高級クラブシーンで「あり得ない経費削減」)の記事を観て

「主人公・原口元子(武井)が夜の銀座でのし上がっていく姿が描かれる同ドラマは、初回は11.7%とまずまずの滑り出しで、通常なら苦戦する第2話が12.3%と上昇。しかし、第3話では一気に10.9%まで下降し、最新話ではさらにダウンしました」(芸能ライター)このドラマは私も観て居る、『黒革の手帖』は何度も観ているはずであるが、時代の設定が現代的に成ったのか何か初めてみるドラマの様な感じで観て居る。武井咲の演技がいまいちと「ホステス役にボランティアのエキストラを使っているんです」で視聴率が下がって居ると言うが決してそんな事は無いと思う。脚本家、監督が上手くそれをカバーするような手段を取ればいいドラマに成ると思う。私はこのドラマが新鮮で面白いと思って観ています。ただ松本清張の書いた時代とドラマのドラマの設定が違いすぎるあまり、何かちぐはぐな気持ちになるの事が有る。視聴率が下がった原因は役者でもなくエキストラでもなく時代設定の間違いにあると思う。金を使わなくとも役者が素人でも良いドラマがいっぱいある事を忘れて居ませんか?

最近の冷凍ハンバーグはもはやお弁当のおかずではなく、ファミレス以上のクオリティです

私はハンバーグが好きで、近所のセブンイレブンや業務スーパーでハンバーグを頻繁に購入します。最近の冷凍ハンバーグはなかなか良い製品が多く、時にはファミリーレストランで食べるハンバーグよりも美味しいと感じることさえあります。
特にセブンイレブンの和風ハンバーグはレベルが高く、しばしば我が家では買い溜めしています。
一昔前までは冷凍のハンバーグというと、お弁当のおかず程度の存在感でした。それがいつの間に立派な夕食メニューへと変貌したのでしょうか。そして今やコンビニで買うことができるのですから、時の移り変わりを実感します。
昔、私の母はハンバーグを手作りしていましたが、コンビニなどで冷凍ハンバーグが手に入ることがわかってからというもの、すっかり市販のハンバーグファンになってしまいました。ましてや私は料理が苦手な為、自ら手作りするのは無理な話。
そうなるとどうなるか、なんと今度は父親が台所に立ってお手製の煮込みハンバーグを作り始めました。デミグラスソースも手作りで本格的なのには驚きました。どうやら母の手作りが恋しかったようです。
父親の台所での真剣な立ち振る舞いを笑いをこらえながら見つめる私、悪い子なのかもしれません。まあ、これで市販も手作りも再び両方食べることができるようになったのだからと、私は陰でコッソリ喜んでいます。