コミュニケーション手段が増えすぎてよくわからなくなってきた

最近、コミュニケーションツールの種類が多すぎて、何がなんだかわからなくなります。

iPhoneには、LINE、gmail、Facebook、Twitter、チャットワークのアプリが入っています。

Twitterは完全にプライベート用で、何も気にせず好き勝手につぶやいています。

Facebookは基本的に見る専用で、プライベートの友人や仕事関係の人の更新にいいね!を押すだけ。

LINEはプライベートと内部の仕事兼用で、これが一番1日のコミュニケーション回数が多いです。

gmailは完全に仕事用で、外部の仕事についてはすべてこれでコミュニケーションを取っています。

そして最近追加されたチャットワークは、いまだに使い方がよくわかっていません。特定の仕事関係の方とコミュニケーションを取る用です。

手段がパソコンメールだけだった時代が懐かしいです。たぶんこれ以上増えたらわけがわからなくなってしまいます。インスタグラムだけはやらないと決めています(笑)

小学1年生の習い事(イマドキの方は慌しい!)

乳幼児が小学校になり、周りの方が主として習い事をしていて、それも数カ所かけもちやることに驚きました。昔はスクールの宿題をして可愛らしく遊びに行っていましたが、今は習い事をやる方が手広くそれぞれがあいているお日様に遂に遊べるとこのこと。そんな状況が、周り関係の差し障りに繋がると聞きました。スクールでの演習だけではなく遊びの中で学ぶ様々なことがありますよね。周りを気遣う場所、こういうことは言ってはいけない、してはいけないなど。それが、今は遊びが減少しているので身なりが分からなくなってきていて、そこに父母が出てきて差し障りが大きくなっていくそうです。仕方ないとはいえ、どうもかわいそうですね。わが方も周りの習い事百分率の高さに小1ながら焦ったのか自分も習い事をしたいと言い出しました。習い事は焦って必ず始めるものではなく、したいと思った場合始めるものだよとは伝えているのですが、つまらないながらに「それぞれは慌ただしいそれぞれ」というのが格好よく見えておるような気持ちもしました。ミュゼ 100円 カウンセリング